会計事務所の募集情報は求人誌で見つけよう

医療機関で働きたいとき

医療機関が保険者に請求するレセプト作成をメインに行う医療事務の仕事は、医療機関が多く求人を出しています。東京でも医療機関の数が多い分だけ、この仕事の求人が多くなっていますので、応募しやすい状況になっています。資格があればそれに越したことはありませんが、未経験、無資格者の採用も行われています。

色々な部分でアピール

資料とスーツの人

アピール材料を準備する

会計事務所は企業経営をサポートする業務や個人のお金に関する悩みの相談業務などを行っています。税金や会計について深く、広い知識を持っていることから、企業と個人の両方にとって頼りにされている貴重な存在です。会計事務所の求人へ応募した場合、採用される確率が高いのは資格を持っている人材です。会計や税金に関する資格は色々ありますが、国家資格を持っていると深くて広い知識があると判断されますが、非常に難易度が高いので勉強を開始してすぐに合格できるレベルの試験ではありません。そのため、国家資格ではなくても税金や会計に関する公的資格、民間資格があれば履歴書に記載することができるので、アピール材料の1つになります。会計事務所の求人は資格所有者に有利な条件が多いため、会計事務所に対して少しでも興味がある場合は、早い段階で資格取得のために勉強を始めるべきです。そうすれば、応募可能な求人数は多くなりますし、選考を受ける際に高い評価を得られます。会計事務所へアピールする資格以外の方法は、事務経験があることです。事務には色々ありますが、経理の経験者という条件を掲載している会計事務所の求人は多いです。そのため、経理の経験者は履歴書と職務経歴書の内容を充実させ、自身が可能な業務や達成した仕事をアピールします。また、会計事務所では会計ソフトへの入力作業という仕事があり、パソコンを使用します。会計ソフトの入力業務の経験は大きな強みとなりますが、未経験でもパソコンのスキルが高い点はアピール材料となります。

メンズ

資格取得者が有利

最近は中高年でも採用されやすくなってきています。まずは求人情報をチェックしましょう。何らかの専門的資格を取得していたり、実績があったりするだけでも採用してくれる会社はあるものです。特に施工管理などの上に立つ立場の人は、中高年が適しています。